『手塚治虫アキバ化』

『手塚治虫アキバ化』

『手塚治虫アキバ化』をコンセプトに、各クリエイターの持つ『妄想フィルター』を通して、本来手塚作品の持つ、人知れず埋もれたアキバ要素を抽出し、具現化することを目的とした展示会「osamu moet moso」のプレイベントが東京アニメセンターでの開催される。
アニメセンターでの開催後は、全国を巡回していく中で、更なるクリエイターが参加し、展示内容は開催を追うごとに拡大していくという。

とのこと...
漫画やアニメのキャラって普通、元から萌要素は必ずあるし...
このコンセプト、意味不明。
たまたま「萌」という言葉が昨今よく使われるようになっただけだし、
アキバ要素ってなんですか??
萌的要素、別に埋もれてないし。
誰が見ても可愛いでしょーが。


「ただ、知ってはいるのだけれども、実際に手塚作品を読んでいるかと言えば、おそらく若い人は読んではいない。それならば人気のクリエイター達にキャラクターを描いてもらうことによって、改めて手塚作品を知ってもらい、読んで頂くきっかけにしたい」yahooニュースより

あ、そう・・・
きっと批判を浴びて注目を集めるって策略だな♪

改めて知る、ねぇ。
そんなことしなくても、素晴らしい作品は永遠に残りますよ。
若い人も、読みたい人は読むでしょ。。。

売れっ子アーチストが手塚キャラを描くのはいいのですが
コンセプトが微妙すぎる。。。
何かと今のアニメブームを利用して
商業的な成果を上げたいっていう魂胆がここまで見え見えだとイヤな感じがして、
面白いものも面白くなくなる。
手塚ファンとしてはがっかり!!!

FF14の立体3D映像のように
キャラを3D化したよ!!なんてのも 出てきそうですね。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://computerinnovations4u.com/mt/mt-tb.cgi/1

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)