レアタイトル

レアタイトル

手塚先生の作品のレアなタイトル(作品)ってどんなのなんでしょうね?
単行本化していない作品はまだまだありますが、そのあたりがレアなんでしょうか。
むしろメジャーなものがすごく知名度がありすぎて、そうでもないのがレア扱い。

その中間がないというか、ですね。
自分の中では「アドルフにつぐ」とか大好きなんですけど、世間一般ではレア扱いの作品だそうで...うーん、意外。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://computerinnovations4u.com/mt/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)