手塚治虫とディズニー

手塚治虫とディズニー

ディスニー作品に影響されたとも言われる手塚治虫先生がのちにディスニーに影響を与えたことは「ライオン・キング」をみれば一目瞭然ですよね。
「ジャングル大帝」から影響を受けたであろう事は誰にでも分かります。当時それをパクリと非難せず、光栄だとの関係者の発言は製作者等の目指すものが金儲けではないということを改めて感じさせるものでした。

 

漫画では儲かってもアニメは儲かるどころか、製作に膨大な費用がかかり、余裕がある人はより完成度を上げたいと考えるためお金はいくらあったも足りません。実際手塚治虫先生もそうだったようです。忙しさが尋常ではないといわれるアニメーションの世界で人の理想をテーマとして扱った手塚治虫が家族のためにはきちんと休みを取って家族と共に過ごしたという話を聞き、最も大事な人たちのことも忘れてはいなかったのだと思いほっとしました。

ぼくはこれをきいて、より一層手塚先生が大好きになりました。
これからも、ついてきます!

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://computerinnovations4u.com/mt/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)