火の鳥を改めて読む。

火の鳥を改めて読む。

30過ぎてから読むと、かなり重い内容だな・・・と思う反面、
話の組み立て方が実にすごいなぁと感嘆する時がありました。

そして巻き戻して読むとまたなにか発見できるという・・・。

この巻き戻しのためにすごい時間をかけてようやく読み終えれました。
あとはバットエンディングで終わる望郷篇、乱世編の重さに耐えられず、
一時クールタイムを置いたりで・・・。


これが本当に40年も前に描かれた漫画なのか、
(没後20年以上は経過)
とただただ手塚治虫のすごさに驚嘆するばかりでした。

ちなみに僕はブラック・ジャックは1巻あたり2時間かけないと読めません。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://computerinnovations4u.com/mt/mt-tb.cgi/55

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)